風呂場の排水口修理

風呂場の排水口から漂ってくる異臭の解消

こまめにお掃除をしていたとしても排水口の臭いが取れないケースが結構あります。
今回のご依頼人様もそんな悩みを抱えておられる方でした。
南区のお客様だったのですが風呂場の排水口の異臭を解決してほしいとの事で、弊社の方へとお電話をしてくださったんです。

市販のジェルタイプのパイプクリーナーを試してみたんだけどあまり効果がなく、これ以上は自力で解決できそうにないということで弊社に依頼をしていただきました。
排水口の臭いは市販の製品である程度解消可能なんですが、奥の方の汚れによる臭いは中々一般の方の力だけでは消し去ることが難しかったりするんです。

そこで、ご依頼人様の家へ伺いお風呂場を見せて頂いたのですが、確かに普段からかなり綺麗に掃除をされているようでした。
しかし排水口からは異臭がかなりしており、物理的に汚れを押し出してやる必要がありました。

このような汚れや臭いを取り去るための専用の高圧洗浄機を使用して作業を行ったところ、さっきまでかなり臭っていたのがウソのように無くなりました。
作業にかかった時間は30分ほどだったでしょうか、ご依頼人も臭いがなくなって本当に嬉しそうなお顔をされていました。
弊社にご依頼をしていただき、誠にありがとうございました。

トイレの水が止まらない!?

中央区にお住まいのお客様から、「トイレの水がチョロチョロ流れ続けるので、解決してほしい」とのご連絡を頂きました。

トイレの水が止まらない原因はいくつか考えられるのですが、タンク内の部品に何らかの原因があることだけをお伝えし、お客様の元へ急行致しました。

お客様へいくつか質問をさせて頂いたところ、最近トイレの流れる勢いが弱いような気がして、タンクの一番下にあるフロート弁を繋いでいるチェーンを短くしたことがあるとのことでした。

早速タンクの蓋を開けて中を確認したところ、浮き玉の位置に異常はなく、オーバーフロー管にも異常なしと分かりました。
ボールタップも正常でしたので、水がトイレへ流れ出ているのは、フロート弁が正常に機能していないからだと思われました。
試しにフロート弁を強く押し付けると、トイレへ水が流れ出るのが止まることが確認されました。

フロート弁を繋いでいるチェーンが絡まっており、フロート弁がタンク下の穴を確りと閉じない形になっていたことが原因でした。

幸い、フロート弁を繋いでいるチェーンをほどくことで、フロート弁が穴をしっかりと塞ぐようにできました。

また「流れが悪い」原因は、本来オーバーフロー管へ差し込まれていなければならない補助水管が外れていたことも一因でした。
そちらの症状も改善したことで、トイレの水が止まらない件と、流れが悪い件の両方が解消し、お客様にご満足頂くことが出来ました。
補助水管が外れていたことも、お客様ご自身がトイレの不調を何とか改善しようとタンク内を確認されたことからかと察します。

トイレが不調の際には、当社までご連絡頂ければ、すぐに急行し解消させて頂きますので、是非ご利用下さい。

風呂のサーモスタットの修理に行ってきました

お風呂でのお湯の温度調節を行なってくれるサーモスタット機能が故障するというケースがもよくあります。

今回は中央区の古めの木造一軒家にお住まいのお客様より、温度調節が上手く行かなく故障したようなので来て欲しいという依頼を受けました。
かなり前に建てられた家ということで古めのサーモスタットだからかなり劣化が進んでいると予想されました。
お電話では新しい物に付け替えたらどうかとご提案したところ、ご依頼人様も前向きに検討するとのお返事でした。

さっそくご依頼人様のお宅へお邪魔をしお風呂場を見せて頂いたところ、温度調節機能の故障に加えて水が止まりにくいという状態になっていました。
これは長年使い続けてきたことによるパッキンの劣化が原因で、交換が必要な状態でした。

そこで、お客様と再度ご相談の上、TOTOの製品に付け替えをする作業に移ることにし、古いサーモスタット混合水栓を取り外しました。
すべての作業を終えるのに大体40分ほどかかったかと思います。

試しにお湯を出してみたところきちんと設定温度通りに出てくれて、水の漏れも解消することができました。
弊社にご依頼をしていただき、本当にありがとうございました。

このページの先頭へ