トイレの掃除方法

黄ばみ黒ずみ、尿の飛び散りにタンクの汚れ…トイレの悩みを一挙に解決!

はじめに

便器の黄ばみや黒ずみ。困りますよね。キレイなトイレは金運をアップさせるとも言われています。ここは一つスッキリ落とすコツや予防法をマスターしましょう。
他にも気が付きにくい尿の飛び散りや、タンク内の汚れ対策など、役立つトイレのお掃除情報満載です。

黄ばみと黒ずみ。まずは敵の正体を知りましょう

トイレの2大汚れと言える黄ばみと黒ずみ、同じ汚れですが原因はそれぞれ違っています。黄ばみの原因は尿に含まれる尿石が固まった物――アルカリ性の汚れです。一方、黒ずみの原因はカビや雑菌――こちらは酸性の汚れとなります。
汚れた便器には通常この2つが混在し、中にはこびりついた尿石に黒ずみが付いてしまったハイブリッドな物もあります。

黄ばみは酸、黒ずみはアルカリ。使う洗剤が違います。

さて原因が分かったところで肝心の落とし方です。ポイントは「汚れの種類によって使う洗剤は違う」です。

ここで質問。汚れ落としの基本は何でしょうか?
――答えは「中和」。科学的ですね。

酸性の汚れにはアルカリ、アルカリ性の汚れには酸を用い、中和して落とすのが基本となります。

よって使うトイレ用洗剤は
「黄ばみ汚れ(アルカリ性の汚れ)」→「酸性の洗剤」(サンポール等)
「黒ずみ汚れ(酸性の汚れ)」→「アルカリ性の洗剤」(トイレハイター等)
となります。お間違えなく!

酸であれアルカリであれ、トイレ専用の洗剤を購入する際は注意書きをよく見て下さい。「黄ばみに効く」や「黒ずみ用」など、得意な汚れのタイプに関する表示があるはずです。

汚れに上手に洗剤を浸す方法

「濃い洗剤に長い時間浸す。」これがガンコな黄ばみ・黒ずみを撃退する際の心得です。

洗剤が流れやすい便器のフチの裏側は、トイレットペーパーで湿布しましょう。洗剤を掛けた後、丸めたペーパーをフチの裏に挟み込み、さらに上から洗剤を掛ければOKです。

汚れが水面より下にあり、洗剤の大量投入でも落ちなかった時は、水位を減らし直接洗剤を掛けます。
灯油用のポンプがあると便利ですね。水はコップですくってもOKです。

最終兵器はクレンザーですが…

洗剤で落ちない場合、クレンザーやメラミンスポンジの出番になります。しかし研磨して落とす方法は、どうしても便器を傷つけます。傷が更なる汚れを呼ぶ危険もあるので、使う時は慎重に。

予防はクエン酸水で。尿の飛び散りにも効果的。

無事ガンコな黄ばみや黒ずみを退治したら、次は予防について考えてみましょう。

お勧めはクエン酸水スプレーの習慣。
小さじ1杯のクエン酸を水200㏄で溶き、スプレー容器に入れ、トイレを使った後、便器の内側に毎回3回スプレーするだけです。ぐっと便器に汚れが付き難くなります。

またこのクエン酸水スプレー、床や壁に飛び散った尿の掃除にも威力を発揮します。
便器以外の場所にも、尿は結構飛び散っているものです。見えないので気が付きにくいですが…。
染みつくと、トイレの悪臭の原因になります。
スプレーした後、水で絞った雑巾で拭き取りましょう。尿のアンモニア臭をクエン酸が中和してくれます。

ここまでやれば完璧!タンク内の汚れ退治

汚れたタンクから出た水が、便器を汚す一因になっているのはご存知ですか?
黒ずみはタンク内にも付きます。上部から水が出るタイプは、上から汚れが流れ込むので、特に汚れに注意です。

止水栓を閉めてから内部を分解し、掃除できれば良いのですが、ちょっと手間が掛かりすぎですよね?

面倒な方はこちらの方法を。
重曹1カップをタンク内に投入する――これだけです。タンクの上蓋をずらして入れて下さい。中の汚れをキレイにしてくれます。

投入後は6時間ほど放置しましょう。眠る前やお出かけ前に入れておくと良いですね。放置後は普通にトイレを使います。重曹を含んだ水が、便器のお掃除もしてくれますよ。
月に1~2回行うのが目安です。

終わりに

「黄ばみは酸、黒ずみはアルカリ。使う洗剤が違う。」
「予防はクエン酸水。尿の飛び散りにも効果的。」
「タンク内は重曹で汚れ退治。」
ポイントは伝わりましたでしょうか?
トイレは健康と幸せの源です。どうか参考になさって快適なトイレライフをお送り下さい。

このページの先頭へ