洗濯機の掃除方法

はじめに

洗濯機の汚れ。気になるけれど手が出しにくいですよね。
あっちにこっちにとホースが伸び、金属部品や各種ボタンが光るメカっぽい外見に、ついつい洗濯する以外で触るのがためらわれます。

しかし目を逸らし続けるのは危険。洗濯機の汚れは洗濯物を臭くします。またアレルギーの原因になることも…。

汚れの予防法・お掃除の仕方、ご紹介致します。

洗濯機の汚れの正体は?

洗濯機の汚れ正体。それは黒カビです。
たまに洗いあがった洗濯物に、黒いカスのような汚れが付くことがありますよね。あれは黒カビの膜がはがれたものです。

水を使う洗濯機は湿気がこもりやすく、カビにとっては絶好の繁殖場所になります。
気密性の良い最近の家では冬でも気温が下がらず、カビは年間を通して繁殖します。

また洗濯機には考えている以上に、カビのエサになるものが存在します。
・洗剤の溶け残り
・酸性石鹸### 脂性の汚れと洗剤が結合した石鹸カスの一種。
・金属石鹸### 洗剤と水中のミネラルが結合した石鹸カスの一種。
・衣類についた食べこぼし
これらの物がエサになります。

洗濯機は構造上、洗濯槽が2重になっており、間にカビのエサが溜まりやすいです。
せめて衣類についた食べこぼしは、できるだけ除いてから洗濯しましょう。

カビを生えにくくするために

カビは温度・湿度・エサの3つが揃った時に繁殖します。3つとも絶てれば良いのですが、それは難しいですよね。
そこで3つの中でコントロールしやすい「湿気」を主眼に、カビを防ぐことになります。

洗濯機に湿気をこもらせないための心得は、次の通りです。

1.汚れものを入れっぱなしはダメ →汚れ物は洗濯籠に!
2.使い終わったらフタを開けたままに →湿気の逃げ道をふさがない。
3.乾燥機付きの洗濯機では乾燥機能を使う →高温でカビの繁殖を止める効果もアリ!
3.槽乾燥機能が付いているなら活用する →忘れていませんか?この機能。

洗濯槽クリーナーは塩素派?酸素派?

しかし乾燥だけでカビを完璧に防ぐことは難しいです。
付いてしまった汚れは洗濯槽クリーナーで落としましょう。

「塩素系」と「酸素系」。洗濯槽クリーナーには2つのタイプがあります。

それぞれの特長は次のようになります。
塩素系=強力な殺菌力で除菌
酸素系=強い発泡力でヘドロをはがす

洗濯槽の汚れはカビなので、通常は殺菌力の強い塩素系のクリーナーがお勧めです。

「何年もやっていない…」という方はW使いを。
1.まずは酸素系の発泡パワーで汚れを引きはがす掃除を行います。
2.終えた後、今度は塩素系で残ったカビを除菌します。
溜め込んだ汚れを完璧にキレイにできますよ。

避けて通れない排水口の汚れ

洗濯機が新しいのにエラー表示!――その原因、排水口かも。

ご家庭によっては、洗濯機の裏や下になっている排水口。重い洗濯機を動かすことができず、設置以来、一度も外していないという方も多いと思います。

しかし、汚れが付くのは洗濯機本体だけではありません。排水口にも汚れは溜まり、いつの間にか詰まっています。
突然溢れて水浸しになる前に、お掃除しましょう。

防水パンが設置されている・いない等、洗濯機が置かれている状況は家によってまちまちです。

しかし基本は一緒。
ホースを外し、トラップを外し、歯ブラシで洗って下さい。
トラップが取り外せないタイプでも、歯ブラシが届く範囲でお掃除しましょう。詰まり方が違ってきます。
パイプクリーナーを使うのも、排水管をキレイに保つために効果的です。

お掃除する時はホースの水を垂らさないよう、水受けのバケツやビニール袋、雑巾等を用意して行って下さい。

おわりに

「洗濯機の汚れの正体はカビ」
「カビの防止のために乾燥」
「洗濯槽クリーナーは塩素系・酸素系がある」
「塩素系は殺菌」
「酸素系はヘドロはがし」
「排水口も掃除して」
以上が洗濯機の掃除のポイントになります。

結構汚れる洗濯機。洗濯物をキレイにするための家電そのものが汚れていては、お話になりません。
気持ち良く暮らすために、定期的にお掃除をしましょう。

このページの先頭へ